20代メンズファッションの注意点

20代前半は、大きめのロゴやチェック柄は避けてみて!

20代前半は、学生や社会人の両方を占めている年代です。まだまだ若い年代ですが、10代の人から見たら大人に見える存在です。大人っぽいファッションにするためには、大きめのロゴが入ったTシャツやキャラクターがプリントされたものは避けてみて下さい。子供向けの服は、このようなデザインの服が多いからです。 ロゴが入った服を着る時は、小さめに施されたデザインの服を着たり、あまりロゴが強調されていない服を着てみて下さい。そして、チェック柄も子供っぽく見られてしまうので、柄物の服を着る時は、千鳥柄やストライプ柄、花や植物を表したボタニカル柄、ペイズリー柄などのデザインの服を着ると大人っぽい印象になります。ロゴの大きさと、大人向けのデザインに注意することがポイントです。

20代後半は、落ち着いた色の襟付きの服を着て統一感を意識して!

20代後半は、ほとんどの人が社会人を占める年代です。30歳を目前とした大人な年代なので、落ち着いた印象にするためのファッションにしましょう。落ち着いた印象にするために、服の色は黒色や茶色、紺色などのダークカラーがおすすめです。黄色やピンクなど明るい色は、差し色としてワンポイントで使うのはいいですが、メインで着てしまうと派手な印象や10代のような若者向けのファッションに見られてしまいます。そして、襟付きの服を着ることで紳士的に見せたり、大人の色気を出せます。例えば結婚式場やゴルフ場などの正式な場所に着ていく服、会社の上司やお客様と会う時は、襟付きの服は社会人としてのマナーを表す服装と言えます。

この2つのポイントを組み合わせ、ズボンや靴下、靴も同じ色合いにすることで統一感が出ます。いろいろな色を組み合わせると散らかった印象になってしまうので、統一感を出し落ち着いた印象を抱かせることがポイントです。

男の脱毛は、男性がムダ毛を脱毛することを指します。脱毛を行う事で清潔感がアップし、女性からも好印象をもたれることが多いです。