20代メンズファッションの特徴

20代前半は若さを前面に押し出そう

同じ20代でも、前半と後半で選ぶべきファッションは大きく異なります。20代前半であれば、まだ大学や専門学校に通っているメンズも少なくないので、若さを前面に押し出した今風のファッションに身を包んでいても違和感を感じさせることはありません。そのため、この時期の服装は、それほどブランドを意識せずに、流行になっているものの中から自分の好みに合うものを選んでおくと良いでしょう。下手にハイブランドの洋服などに手を出してしまうと、かえって不格好に見えてしまう恐れがありますので、背伸びをせずに分相応のファッションをチョイスするよう心掛けるのがポイントです。ただし、若いからといってもTPOを無視して良いというわけではありません。

20代後半は落ち着いた雰囲気を醸し出そう

20代前半と異なり、20代後半になると30歳が視野に入ってくるため、それに伴ってファッションも少しずつ落ち着いたものにしていく必要があります。全身を流行のデザインのアイテムでコーディネートしてしまうと、周囲の人に自我がないように見られてしまうおそれもありますので、流行を取り入れるのは一部に留め、なるべく普遍的に人気のあるようなデザインのものを選ぶようにすると良いでしょう。ジャケットやコートのように少しフォーマルな雰囲気のある衣服が似合うようになるのもこの時期からです。少しでも上手に着こなせるようになるために、時間があればイタリアやイギリスにおけるメンズファッションの基本を学んでみるというのもおすすめです。